〜杜の都 仙台・まちなか映画館〜

トップページ画像.jpg

上映予定作品
都合により変更になる場合がございます。

6/9(土)公開

イカリエ-XB1.jpg


「イカリエ-XB1


「2001年宇宙の旅」「スター・トレック」…
全てはここから始まった。
チェコスロバキアで生まれた奇蹟のSF映画!

2163年、宇宙船イカリエ-XB1は生命探査のためアルファ・ケンタウリ系へと向かう途上、地球から旅立った宇宙船が朽ちた状態で漂流しているのを発見する。漂流船内にイカリエ-XB1から調査員を数名送り込むが、死因不明の乗組員たちの死体が転がる漂流船内に積載された核兵器の爆発により、その命が失われてしまう。悲劇の中、イカリエ-XB1は航行を続けたが、謎のダークスターとの遭遇によって乗組員一同が眠りについてしまう。


監督/インドゥジヒ・ポラーク
出演/ズデニェク・シュチェパーネク フランチシェク・スモリーク
   ダナ・メドジツカー イレナ・カチールコバー ラドバン・ルカフスキー
1963年 チェコスロバキア 88分 

公式ホームページ


近日公開

ハーヴェイ・ミルク.jpg


「ハーヴェイ・ミルク


ゲイを公言して史上初めて公職につき、
48歳で生涯を終えた彼の足跡を辿る。
第57回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞作品。

自らゲイを公言し、社会的弱者の権利獲得を訴えたサンフランシスコ市政執行委員ハーベイ・ミルクの活動を、1978年に同じ執行委員の男に暗殺された事件を中心に追っていく。
ハーヴェイ・ミルクは大学卒業後、海軍、証券アナリストを経てブロードウェイのプロデューサーとなる。その後、ベトナム反戦運動に関わるが、ニューヨークのゲイバー“ストーンウォール”を警官が襲撃した事件をきっかけに、ゲイ解放運動に参加してゆく。サンフランシスコに移住した後、積極的に地域住民と関わり、ゲイを公言した人物として史上初の市政執行委員に当選。ゲイだけでなく、黒人や他の有色人種、老人、レズビアンなど様々な社会的マイノリティの人々に支えられ、草の根運動を展開する。

監督/ロバート・エプスタイン
出演/ハーヴェイ・ミルク
1984年 アメリカ 87分 




近日公開

恐竜の詩.jpg


「恐竜の詩


恐竜が教えてくれた、何もない山里にある大切なもの

関西の小さな市で、新種の巨大恐竜(丹波竜)の化石が発見された! 静かな山里は町おこしの大チャンスと色めき立つが、過疎の町には予算がない。起死回生のアイデアを求めて、市長は旧知の商社役員に助っ人を依頼する。だが、「腕利きを行かせる」との約束とは裏腹に、やってきたのは冴えない中年男・澤田敏行 所長だった。
澤田は「予算が無いなら節約で!」と、全市民をあげて大節約運動を提案し、到達不可能と思われた町おこし予算は、現実のものになっていく。
一方その頃、澤田の息子・鈴音(べるぬ)が、恐竜の化石発掘地近くで謎の巨大な卵を発見する。そこから産まれたのは小さな恐竜の赤ちゃんだった…。

督/近兼拓史
出演/とみずみほ 澤田敏行 古和咲紀 近田球丸 サニー・フランシス
2018年 日本 138分 


公式ホームページ