〜杜の都 仙台・まちなか映画館〜

トップページ画像.jpg

上映予定作品
都合により変更になる場合がございます。

3/3(土)公開

花咲くころ.jpg


「花咲くころ

戦火の不安のなかで 強くのびやかに
生きる少女たちを清冽に描く

1992年春、独立後に起こった内戦のきな臭さが残るジョージアの首都トビリシ。父親が不在のエカは母親と姉の干渉に反発を感じている。親友のナティアの家庭はアル中の父親のためにすさんでいた。生活物資は不足しがちで配給には行列ができているが、ふたりにとっては楽しいおしゃべりの時間だった。ナティアはふたりの少年から好意を寄せられている。ある日、ナティアはそのひとりラドから弾丸が入った銃を贈られた……

監督/ナナ・エクフティミシュビリ ジモン・グロス
出演/リカ・バブルアニ マリアム・ボケリア ズラブ・ゴガラゼ
   ダタ・ザカレイシュビリ
2013年 ジョージア=ドイツ=フランス 102分 


公式ホームページ


3/3(土)公開




「巫女っちゃけん

絶対バチ当たるけんね。

しわすは短大卒業後に就職したがすぐに辞めてしまい、現在就活中。父親が宮司をしている神社で巫女のバイトをしている。
「就職が決まったら巫女なんかすぐにやめてやる!」と父親に文句を言いながらも、しわすにはやりたいことや夢があるわけではない。しかも、子供の頃に母親が家を出ていったことがトラウマで、なにかにつけ反発してしまう。
そんな時、神社でボヤ騒ぎや、賽銭や食べ物が盗まれる事件が起きる。夜中の見回り中、しわすは境内に隠れていた5歳の少年・健太を捕まえる。何を聞いても一切口を開かない健太。しばらく神社で面倒をみることになり、しわすはイヤイヤ健太の世話係に。しかし健太は、参拝客に石を投げたり、賽銭箱を燃やそうとしたりする悪ガキで、しわすは手を焼くことになる。
そんなある日、母親の美和が健太を迎えに来て、しわすは健太の世話から解放される。しかし数日後、健太はまた境内に隠れていた。その顔には殴られたアザが。しわすは母親に捨てられた自分と健太を重ね合わせ、健太を守らねばという思いを強くする。
ところが、児童相談所の相談員を交えた話し合いの席、美和に「誰に殴られたの?」と問われた健太は、あろうことかしわすを指差す。呆然とするしわす。警察から児童虐待の容疑をかけられ、周囲からも疑惑の目で見られるようになったしわすが、最後に取った行動とは……。


監督/グ・スーヨン
出演/広瀬アリス 山口太幹 MGUMI リリー・フランキー
2017年 日本 98分 


公式ホームページ


3/3(土)公開




「愛しのノラ 〜しあわせのめぐり逢い〜

シロ、お前はどこに行ったんだ

しがないシナリオライター・九十九朔美の家に野良猫が迷い込む。朔美は“シロ”と命名し、妻・ひよりと飼うことに。子供のいない夫婦は我が子のようにシロを溺愛する。ところがある日、シロが家を出たきり帰って来なくなった。朔美は仕事そっちのけでシロを捜すが、望ましい情報は得られず、泣き暮らす日々。そして追い討ちをかけるように、ひよりに不安な出来事が……。
「シロ、お前はどこに行ったのか」
文豪・内田百閒の「ノラや」にインスパイアされて作り上げた、猫と人間が織りなす感動のドラマ。

監督/田尻裕司
出演/水澤紳吾 大島葉子 守屋文雄
2017年 日本 82分 


公式ホームページ


3/17(土)公開

ボクの名前はズッキーニ.jpg


「僕の名前はズッキーニ


この世界で僕は一人ぼっちじゃなかった
第89回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされた
スイス製ストップモーションアニメ。

アルコール依存症の母親と2人きりで暮らす9歳の少年ズッキーニ。ある日、ズッキーニの過失によって母親が死んでしまう。親切な警察官に保護されて孤児院で暮らすことになった彼は、新たな環境の中で自分の居場所を見つけるべく悪戦苦闘する。

監督/クロード・バラス
出演/ガスパール・シュラター シクスティーヌ・ミュラ ポーラン・ジャクー
2016年 スイス=フランス 66分 


公式ホームページ


3/17(土)公開




「早春


日本初上映から46年
映画ファンが渇望し続けたスコリモフスキ
伝説の青春映画がついによみがえる!

ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは、そこで働く年上の女性スーザンに恋心を抱く。だが婚約者がいながら別の年上男性ともつきあう彼女の奔放な性生活を知るうち、マイクの彼女ヘの執着は徐々にエスカレートしていく…。
『早春』(70)は、『手を挙げろ!』(67)がポーランド政府の検閲によって公開禁止となって以降、活動拠点を徐々に海外へと移し始めていたスコリモフスキ監督が、イギリス・ロンドンと旧西ドイツ・ミュンヘンで撮影した青春劇。小規模作品ながら、ヴェネチア国際映画祭で上映されるなど大きな評判を呼び、今ではスコリモフスキの最高作の一本に数えられている。日本では1972年の劇場公開以来長らく劇場上映の機会がなく、ソフト化もされていないことからカルト的人気が年々高まっていた。今回上映されるデジタル・リマスター版では、その鮮やかな色彩や陰影が見事によみがえり、独特の映像美と主演ふたりの輝くような魅力を存分に伝えてくれる。


監督/イェジー・スコリモフスキ
出演/ジェーン・アッシャー ジョン・モルダー=ブラウン 
1970年 イギリス=フランス 92分 


公式ホームページ


4/14(土)公開

馬を放つ.jpg


「馬を放つ


美しき伝説が消えゆく時、馬は放たれる――。
未来へ希望を託す、現代の寓話。

キルギスのある村。村人たちから"ケンタウロス"と呼ばれている物静かで穏やかな男は、妻と息子の3人でつつましく暮らしていた。しかし、そんな彼には誰にも明かせない秘密があった――。
彼はある理由から、キルギスに古くから伝わる伝説を信じ、夜な夜な馬を盗んでは野に放っていたのだった。次第に馬泥棒の存在が村で問題になり、犯人を捕まえる為に罠が仕掛けられるが…

監督/アクタン・アリム・クバト
出演/アクタン・アリム・クバト ヌラリー・トゥルサンコジョフ ザレマ・アサナリヴァ
2017年 キルギス=フランス=ドイツ=オランダ=日本 89分 


公式ホームページ