〜杜の都 仙台・まちなか映画館〜

トップページ画像.jpg

上映予定作品
都合により変更になる場合がございます。

4/28(土)公開

願いと揺らぎ.jpg



上映時間
13:00 


「願いと揺らぎ


「海が揺れた、土地が揺れた、
そして心もー。


宮城県南三陸町の小さな漁村「波伝谷」(はでんや)。その震災までの3年間の日常を追ったドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』から1年後が舞台の本作では、映画の冒頭、荒涼とした波伝谷の風景が映し出される。
津波によって集落が壊滅し、コミュニティが分断された波伝谷では、ある若者の一声から地域で最も大切にされてきた行事である「お獅子さま」復活の気運が高まる。それは先行きの見えない生活の中で、人びとの心を結びつける希望となるはずだった。
しかし波伝谷を離れて暮らしている人、家族を津波で失った人、さまざまな立場の人がお獅子さま復活に想いを寄せる一方で、集落の高台移転、漁業の共同化など、多くの課題に直面して足並みは一向に揃わない。震災によって生じたひずみは大きく、動けば動くほど想いはすれ違い、何が正解なのかも分からぬまま、摩擦や衝突を重ねお獅子さまは復活する。
それからさらに時は流れ、仮設住宅から高台へと居を構え、波伝谷で生きることを決意した若者は、改めて当日の地域の混乱と葛藤を振り返ることになる。
学生時代に民俗調査で波伝谷を訪れ、2005年からお獅子さまを撮り続けてきた監督が、ともに迷い、もがきながら、それでも復興に向けて歩み続けた人びとの「願いと揺らぎ」を鮮烈に映し出したドキュメンタリー。

監督/我妻和樹
出演/波伝谷の人びと
2017年 日本 147分 


公式ホームページ


上映期間中、毎日監督の舞台挨拶がございます。
また、日によって監督とゲストのトークもございます。

4/28(土)菅原幹生さん(映画出演者)
4/29(日)三浦貴裕さん(波伝谷出身者/「南三陸なう」学生ライター
5/3 (木)ヴィヴィアン佐藤さん(仙台市出身 ドラァグ・クイーン)
5/4 (金)山内明美さん(南三陸町出身 歴史社会学者)
5/5 (土)かどたひろしさん(仙台市出身 漫画家)
5/6 (日)政岡伸洋さん(民俗学者/監督恩師)


4/28(土)公開

女は二度決断する.jpg


上映時間
11:00 
16:10 
18:20 

5/4(金)は、
16:10と18:20の回は
休映です。


「女は二度決断する


砕かれた愛、癒えぬ悲しみ。
この魂が私を突き動かす。

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコ移民のヌーリと結婚し、息子ロッコも生まれ、幸せな家庭を築いていた。
ある日、ヌーリの事務所の前で白昼爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。警察は外国人同士の抗争を疑うが、やがてドイツ人による人種差別テロであることが判明する。証拠不十分、アリバイ、目撃証言無効…。身をえぐられるような裁判に、カティヤの心の傷は深まってゆく。ささやかな幸せを望んだだけ。そんな中で起きた悲劇に生きる気力を失くしそうになりながら、カティヤが下す決断とは…。
ドイツ警察戦後最大の失態と言われる、ネオ・ナチによる連続テロ。この映画は実際にあった事件に着想を得て作られた。愛する家族を奪われた女性が、捜査や裁判の過程によって更に心を引き裂かれる。もしも自分の家族に突然悲劇が起きたなら、その時どうするか? これ以上ない悲しみを湛えて迎える衝撃的な結末は、全ての人の心を強く揺さぶる。

監督ファティ・アキン
出演/ダイアン・クルーガー デニス・モシットー ヨハネス・クリシュ
2017年 ドイツ 106分 


公式ホームページ


5/12(土)公開

ゴースト・スクワッド.jpg


「ゴースト・スクワッド


理由もなく無残に殺害された少女の幽霊たちが
凶悪犯たちに戦いを挑む!

父親のDVを受けながらも自立した生活ができない気弱な女性リカは、恋人との諍いをきっかけに幽霊の少女ケイコ、アカリ、ヨシエに取り憑かれ、自分たちを殺した犯人に復習し成仏するのを手伝ってほしい、と懇願される。しかしそのためにはリカ自身が生死の境を彷徨う状況に陥らなければならない。
リカと幽霊少女たちの戦いの日々が始まった…!

編集・脚本・監督/井口昇
アクション監督/カラサワイサオ
出演/神門実里 洪潤梨 上埜すみれ 柳杏奈 中村朝佳
2017年 日本 106分 


公式ホームページ