〜杜の都 仙台・まちなか映画館〜

トップページ画像.jpg

現在上映中
作品ごとに入れ替え・別料金になります。

お知らせ

■仙台セントラルホールは6月30日をもって閉館することになりました。閉館のご案内のページ
■仙台セントラルホールと名称が変更になりました。
 桜井薬局様とのネーミングライツ契約が満了となりましたので、2月1日より名称のみが変わりました。
■googleで検索すると出てくる当劇場の上映作品情報は、当劇場に無断で掲載されている情報のため、実際の上映作品・上映時間と異なる場合がございます。ご注意ください。

《セントラルホール・メールマガジン》

メールマガジンを始めました。上映作品の情報などをタイムリーにお知らせします。下記より登録をお願いします。
メールマガジンは、centralhall_sendai@mm.aloha-project.comのアドレスでお送りします。
フィルターをご利用されている方は、解除をしてからご登録ください。

メールアドレス

毎週一回配信いたします。(曜日不定)

6/22(金)まで

ハーヴェイ・ミルク.jpg

上映時間
11:00 
15:50 


「ハーヴェイ・ミルク


ゲイを公言して史上初めて公職につき、
48歳で生涯を終えた彼の足跡を辿る。
第57回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞作品。

自らゲイを公言し、社会的弱者の権利獲得を訴えたサンフランシスコ市政執行委員ハーヴェイ・ミルクの活動を、1978年に同じ執行委員の男に暗殺された事件を中心に追っていく。
ハーヴェイ・ミルクは大学卒業後、海軍、証券アナリストを経てブロードウェイのプロデューサーとなる。その後、ベトナム反戦運動に関わるが、ニューヨークのゲイバー“ストーンウォール”を警官が襲撃した事件をきっかけに、ゲイ解放運動に参加してゆく。サンフランシスコに移住した後、積極的に地域住民と関わり、ゲイを公言した人物として史上初の市政執行委員に当選。ゲイだけでなく、黒人や他の有色人種、老人、レズビアンなど様々な社会的マイノリティの人々に支えられ、草の根運動を展開する。

監督/ロバート・エプスタイン
出演/ハーヴェイ・ミルク
1984年 アメリカ 87分 

6/22(金)まで

イカリエーXB1.jpg


上映時間
12:50 
17:40 



「イカリエ-XB1


「2001年宇宙の旅」「スター・トレック」…
全てはここから始まった。
チェコスロバキアで生まれた奇蹟のSF映画!

2163年、宇宙船イカリエ-XB1は生命探査のためアルファ・ケンタウリ系へと向かう途上、地球から旅立った宇宙船が朽ちた状態で漂流しているのを発見する。漂流船内にイカリエ-XB1から調査員を数名送り込むが、死因不明の乗組員たちの死体が転がる漂流船内に積載された核兵器の爆発により、その命が失われてしまう。悲劇の中、イカリエ-XB1は航行を続けたが、謎のダークスターとの遭遇によって乗組員一同が眠りについてしまう。


監督/インドゥジヒ・ポラーク
出演/ズデニェク・シュチェパーネク フランチシェク・スモリーク
   ダナ・メドジツカー イレナ・カチールコバー
   ラドバン・ルカフスキー
1963年 チェコスロバキア 88分 

公式ホームページ

6/22(金)まで

さすらいのレコード・コレクター.jpg


上映時間
14:40 
19:30 


さすらいのコード・コレクター 
10セントの宝物


音楽ファンが待ちに待ったレコード掘りドキュメンタリー、発掘公開 ! !

メリーランドに暮らす最強のレコード・コレクター、ジョー・バザード。自宅の地下室に降りると、そこには壁一面に25,000枚の78回転のSPレコードが鎮座している。
その昔、発売当時はたった10セントで売られていたブルース・カントリー・ブルーグラスなどなど様々なジャンルの貴重なレコードを、彼は大事そうに一枚一枚プレイヤーにかけ、踊ったり、口ずさんだりしている。
20世紀初頭、ラジオと並んで音楽が人々の手に入るきっかけとなったSPレコードの普及から、誰もがいつでも音楽がを享受できるようになる現在まで、アメリカ音楽は世界中の音楽好きの耳をとらえてきた。
自分の本当に好きな音楽を聞くために! あらゆる音楽ファンが抱く願望を体現するこの男のミッションは「本物のアメリカン・ミュージック」のレコードを探し、救うことだった。
ゴキゲンなグッド・タイム・ミュージックにのせて贈る、音楽ファンが待ちに待ったレコード掘りドキュメンタリーが、アナログレコード人気が再燃する今、いよいよ発掘公開!


監督/エドワード・ギラン
出演/ジョー・バザード
2003年 オーストラリア 52分 

公式ホームページ