〜杜の都 仙台・まちなか映画館〜

トップページ画像.png

現在上映中
作品ごとに入れ替え・別料金になります。

お知らせ

■googleで検索すると出てくる当劇場の上映作品情報は、当劇場に無断で掲載されている情報のため、実際の上映作品・上映時間と異なる場合がございます。ご注意ください。

夏休み特別企画のお知らせ

『音楽劇映画「セロ弾きのゴーシュ」を見て考えてみよう読書感想文とか、自由研究とかのすすめ」を 7月26日(水)に開催します。小学校中学年〜中学生を対象に夏休みを楽しく過ごすヒントを探ります。詳しくはこちら

《セントラルホール・メールマガジン》

メールマガジンを始めました。上映作品の情報などをタイムリーにお知らせします。下記より登録をお願いします。
メールマガジンは、centralhall_sendai@mm.dp11079504.lolipop.jpのアドレスでお送りします。
フィルターをご利用されている方は、解除をしてからご登録ください。

メールアドレス

毎週一回配信いたします。(曜日不定)

終了日未定

ありがとう、トニ・エルドマン.jpg

上映時間
11:00
14:00
18:30

7/29(土)からの上映時間
上映時間
13:10
16:00



「ありがとう、トニ・エルドマン


世界中が熱狂!
この父と娘に涙し、笑った。

悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス。性格も正反対なふたりの関係はあまり上手くいっていない。たまに会ってもイネスは仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない。ヴィンフリートは、愛犬の死をきっかけに、彼女が働くブカレストへ。父の訪問に驚くイネス。何とか数日間を一緒に過ごし、父はドイツに帰って行った。ホッとしたのも束の間、彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラもつのる。しかし、ふたりが衝突すればするほど、ふたりの仲は縮まっていく…。


監督マーレン・アデ
出演/ペーター・ジモニシェック ザンドラ・ヒュラー ハデビック・ミニス
2016年 ドイツ=オーストリア 162分


公式ホームページ


7/15(土)〜7/28(金)

まるでいつもの夜みたいに.jpg

上映時間
17:00



「まるでいつもの夜みたいに
 高田渡 東京ラストライブ

伝説のフォークシンガー高田渡の
「人生の柄」を抱きしめる
音楽ドキュメンタリー

2005年4月に56歳で急逝したフォークシンガーの高田渡が、亡くなる19日前に東京の高円寺で行い人生最後となったワンマンライブの模様を収めた音楽ドキュメンタリー。その日のライブ会場は、商店街の路地裏にある居酒屋。狭い店内に集まった数十人の観客を前に、ギター一本でのライブがいつものように始まった。ライブで披露された楽曲14曲のほか、高田のライブになくてはならない曲間のおしゃべりも10エピソード収録。

監督代島治彦
出演/高田渡 中川イサト 中川五郎
2017年 日本 74分


公式ホームページ